バニラビーンズ

バニラビーンズ

プリンの風味に欠かせないのはバニラの風味ではないでしょうか。本格的なプリンで用いられているのはバニラビーンズです。よくプリンにゴマよりも小さい黒い点にみえるものが入っている事がありますが、これがバニラビーンズですね。プリンの他にもケーキ類に良く使われていますし、好きな人はミルクや紅茶などにも使いますね。そもそもバニラビーンズとは植物系のスパイスの一つです。あの甘い香りはお菓子類により甘い風味を持たせます。ビーンズという名前が付いているのはまさに豆のような形状をしているからだそうです。高級プリンではこのバニラビーンズそのものが使われている事が多いですが、より簡単なものならバニラエッセンスが使われています。バニラエッセンスはバニラビーンズのエキスだけを取り出したものです。瓶に入っていて液状になって販売されている事が多く、手軽に使う事ができますね。ですがその香りや風味はやはり生のバニラビーンズには劣る様で、こだわりを持つケーキ職人たちは、そのバニラビーンズの種類にさえもこだわる、と言われています。プリンも作り手によって色々な風味があるのは、ひとつにはこのバニラビーンズのおかげ、と言われているようです。元々はタマゴや牛乳の生臭さを消すためにバニラビーンズを用いているようです。日本人は何でも海外のものを取り入れては日本独自に変化させていくのが好きですが、プリンもその一つかもしれません。プリンは日頃あまり意識していないかもしれませんが、そのバラエティーはかなりものもです。そもそもタマゴと牛乳を用いたデザートにはほとんどが〇〇プリンという名称が着いています。一般的にはフレンチトースト、と言われていますがそれもプリンパン、と呼ぶところも有ります。カラメルソースがあるものや無いもの、生クリームをトッピングしたもの、生地に生クリームが入っているもの、タマゴと牛乳のほかにかぼちゃのペーストやさつまいものペーストをまぜたもの、コーヒーやチョコレート、抹茶風味にしてあるもの、などスーパーやコンビニの売り場には様々プリンが並んでいます。毒超的なのは、その材料である卵や牛乳にこだわっている事で特徴づけてあるプリンがあることです。○○鶏の卵を使用している、〇〇牧場のミルクを使用している、と言うを売りにしているプリンです。素材にこだわる事で独自性を持たせているんですね。また値段やランクの面でもプリンはバラエティーに富んでいると思います。スーパーで100円以下で手に入るものもあれば、容器からして高級そうなものに入っているプリンが高値でデパ地下で売られているものもありますね。