うなぎ料理

うなぎ料理

簡単に美味しく手軽にコラーゲンを摂ることができる食材と言えばうなぎではないでしょうか。多くの人たちはウナギを食べる、と言えば手間いらずで簡単な「ウナギのかば焼き」と購入して食べることではないでしょうか。ご飯の上にのせてうな丼にする人もいるでしょうし、そのままおかずとして食べる人もいるでしょう。すでに調理された状態で売られている事がほとんどなので、買って帰ってそのまま温めて食べる、という点ではとても便利なものです。そしてその味はだれもが美味しいと思うものではないでしょうか。美味しく手軽に美肌対策が出来るのであれば一番良いですよね。ただひとつ問題なのはうなぎは高価な食材である、と言う事です。おそらく食卓にしょっちゅうウナギが出る、という家庭はほとんどないでしょうし、一人暮らしをしていても、いつもウナギを買って食べている、という人はいないでしょう。どちらかというとウナギは特別な日や時期に食べる「ごちそう」というイメージです。日々の美肌対策のために摂り続けるというのはちょっと無理ですよね。コラーゲンメニューを続ける中で、時には自分へのご褒美としてうなぎを取り入れるぐらいの頻度しか無理かもしれませんね。ちなみに食べる時には皮の部分も一緒に食べる方がよいです。コラーゲンが多く含まれているのは身と皮の間の部分と言われているからです。カレーにしてもうなぎにしても朝から食べる人はほとんどいませんよね。どちらも夕食のメニューといってよいでしょう。夕食に意識してコラーゲンを摂ろうとするとそのような肉類から摂ることが多くなるかもしれませんが、夕食のメニューだけでコラーゲンの摂取メニューを考えるのは大変でしょう。そこで朝食で取り入れる事も考えたらよいと思います。特別な事をすることはありません。おそらく朝食が和食中心の人であれば、よく焼き魚を朝食のメニューに入れているのではないでしょうか。その焼き魚の中で鮭にはコラーゲンが多く含まれています。鮭の切り身は一切れで2400rのコラーゲンが含まれていると言われています。一日に取るコラーゲンの量として十分でしょう。ですが食べ方に一つコツがあります。それは出来るだけ皮も残さずに食べる事です。魚の皮はちょっと気持ちが悪くて苦手、という人もいるかもしれませんが、香ばしく焼けば生臭さもあまり気にならないと思います。身と一緒に食べてしまえば大丈夫ではないでしょうか。毎日朝食に焼き魚を付けるのは苦痛かもしれませんし、朝食がパン食の習慣の人も多いかもしれませんが、周囲に一度でも焼き鮭とご飯の和食メニューに変えてみてはどうでしょうか。ゆっくり食べる事の出来るお休みの日などに良いですね。Eat Well,Live Well.