おつまみ系

おつまみ系

コラーゲンを取るのにご飯に合うおかずばかりを考えがちですが、お酒に合うのようなメニューも有ります。たとえば豚足もその一つです。鳥の軟骨などをから揚げにするのも良いのではないでしょうか。これらは油っこいものですから食べ方を工夫するとよいでしょう。オススメなのはレモンなど酸味のある味付けをする事です。鳥の軟骨を塩コショウ―で炒めたものにレモン汁を振り掛けただけでもとてもさっぱりとして美味しいおつまみになります。ついついお酒がすすんでしまうのは逆にカロリーオーバーになってしまうかもしれませんが、同じ高カロリーになるならコラーゲンを摂取できるおつまみの方がオススメですね。またレモン汁などの酸味のあるものと一緒に摂るのは別の効果も有ります。それはコラーゲンはビタミンCと合わせて摂ることで効果を発揮する事が出来るからです。油っぽいコラーゲン食品にはビタミンCを含むさっぱりした柑橘系の果物が良く合います。それはまるで一緒に食べる事で効果が得られる事が解っているかのような相性の良さです。ぜひ取り入れてみたいものですね。ただこれらがさっぱりしているからといって、他のメニューにさらにこう脂質なものを食べるのは感心しません。あくまでも食事にはバランスが大切です。コラーゲンを含む食材の中で手軽だと思うのは豚肉です。牛のスジ肉やウナギなどは毎日の食材としてはちょっと使いづらいですよね。煮込み料理を毎日するのは夏場などは作るのも食べるのも辛いですね。簡単だからと言って毎日ウナギのかば焼きを購入するわけにもいきません。もっと手軽に手に入り毎日でもアレンジをして簡単に調理できるようなものはないか、と考えたくもなるでしょう。そんな願いを叶えてくれるのは豚肉です。特に豚小間肉、と言われるものは安価で手に入りやすく、炒めものに最適です。100g食べると1000rのコラーゲンを摂取する事が出来ると言われています。またその豚小間肉を使う事のメリットは野菜との相性が抜群であることです。簡単なところではキャベツと一緒に炒めるだけでも多くの野菜とコラーゲンを摂ることができますね。ピーマンや玉ねぎと炒めるのも良いですね。味付けも色々と工夫する事ができます。塩コショウだけでも十分に美味しいですし、焼き肉のたれなどを使うのも良いですね。和風のだしの素を使うのもご飯に良く合うかもしれません。いくらコラーゲンを摂ることができるからといって、コラーゲンを含むものばかりを食べる訳には行きませんし、逆に体に良くないです。野菜との相性がよい豚肉は最強のコラーゲン対策の食材と言っても良いかもしれません。

 

今日もおいしく丸美屋