不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸にはさらに種類があります。耳にした事があるかもしれませんが、「オメガ」という言葉で分類されていてそれぞれ「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」と言われています。その分類は油分の安定性によって分類されているようです。数字の小さいオメガ3が一番安定性があり、オメガ9が安定性が低いと言われています。油の安定性とは酸化するかどうか、という事で分類されています。体の事を考えるとダイレクトに摂取しやすいのはオメガ3の油である、という事になりますね。一般的に私達が台所に常備して使うのはオメガ6のサラダ油などです。ちょうど中間どころの安定感だと言えるでしょう。それではオメガ3の油にはどのようなものがあるかというと、主にオリーブオイルです。オリーブオイルが体に良い、というのは良く聞く話だと思います。そして酸化しやすい油であるオメガ9の油と言われているのは、主に魚の脂に含まれているDHAやEPAです。それではオメガ9の脂は参加しやすいから摂らない方が良いのか?と言うとそういう事ではありません。魚に含まれるDHAやEPAは逆に体に良いイメージがありますよね。酸化しやすいという事は過熱などで失われやすい、という事で決してDHAやEPAが体に悪い、という事ではないようです。必須脂肪酸とは、その名前の通り生きていくうえで必要な脂肪酸です。オオで差に言えば必須脂肪酸が欠乏すると命にかかわる事態にもなり得ます。具体的には不飽和脂肪酸の中のオメガ6とオメガ3に属する脂質のことを言います。オメガ6の脂質はコレステロール値を管理する働きがあります。コレステロールは動脈硬化などを引き起こしますから、まさに命にかかわる問題と言ってよいでしょう。他にも血圧や血糖値を低下させる働きも有ります。油の種類としてはベニバナ油、ひまわり油、コーン油、大豆油、ごま油などが代表的です。オメガ3の脂質は健康にとって有害となるトランス脂肪酸を阻害する働きがあると言われています。魚の脂であるDHAやEPAなどですね。なかなか食事で摂取できる回数が少ないので、最近はサプリメントとしても販売されていますよね。一括りに油と言ってもこのように体に良いばかりか、なくてはならない油もあります。油は体に良くない、という固定概念はやめて、必要な脂質はきちんと摂取するようにしなくてはいけませんよね。よく魚は体に良い、と言いますが漠然と良いだけではなくて、実はあまり印象の良くない脂質の部分が私達の健康に役立っているというのは、いかに脂質の種類には色々あるのか、という事を示していますよね。